FX 勝つ秘訣 止めるタイミングを知る!

オーストラリアの財政事情はほぼ安定

fssss889 オーストラリアといえば石炭や金、銀、鉛、その他にもマグネサイト、ボーキサイトなどがよく採れる資源大国としても知られています。これらの豊富な鉱山資源は今や経済大国である中国に輸出されており、資源の価格が上昇すればオーストラリア全体の経済状況も上昇するという連鎖を想定させます。また中国経済の活動が活発になればなるほど輸出も右肩上がりで増えていくことになりますから、豪ドルを買おうとする傾向が強くなるといえます。

資源大国であるオーストラリアでも、リーマンショック後は財政赤字に転落し多少なりともダメージを受けていますが、それ以前は黒字国として常に財政事情の安定をキープしていました。最近では赤字も大幅に縮小されてきており、インフレ率も2%となり回復傾向にあります。資源の輸出が増えることで赤字幅は今後も順調に小さくなっていくことでしょう。

このような背景から見てもわかる通り、オーストラリアの財政事情や経済状況などは他の国と比較してもほぼ安定していると考えて問題はありません。とは言っても、主な輸出先である大国・中国に関しては常に注意を払う必要があるでしょう。中国の経済成長率は急激すぎるほど爆発的に上昇し、現在では低下傾向にあります。

以前日本のバブル経済が弾けた時のように、中国不動産バブルが崩壊すれば輸出入のパートナーであるオーストラリア経済にも影響が出る事は否めません。豪ドル相場のリスク管理として、中国経済の状況は大切なカギを握っていると考え常に注目しておかなくてはなりません。

金利が高いだけではない、豪ドルの魅力はそのボラリティ

オーストラリアは先進国という位置付けながらも金利が高いという点が豪ドルの大きな魅力の一つとなっています。そのため、短期的にチャンスを伺って利益を得ようとするような資金が入るようなことも多く、豪ドルの動きはユーロなどのその他通貨に比べると大きく変動しやすいことも事実です。値動きが上がる場合はそれなりに大きな期待が持てますが、下がる場合はかなり急激な波になるため注意が必要です。

ちなみに円や米ドルに対しても同じことが言えます。下げの状態に入るとどこまでも下がってしまうような状態になることもあります。投資をする際にはロスカットを入れ、常に値動きを先読みしリスク管理をしっかり行うことが大切です。

豪ドルに関しては「避難通貨」として保険的な位置付けとして注目されている面もあります。金利が高い、経済も安定しているという国情から、欧州金融危機といった不安が高まると、大きな資金が豪ドルに入ってくる傾向が強くなっているのです。但しそれでも輸出相手国、中国のバブル崩壊が来るのではという金融不安が豪ドルの大きなリスクです。



小さい単位で練習

  • FXの取引をしようとしている人の大半はたくさんのお金を儲けたいという思いを持っています。そのため実際にFXの取引をするときもハイリターンを狙って大きい単位で取引をしてしまうことが多いです。

    しかしある程度FXの取引で安定して利益を出せるようにならないと大きな単位で取引をするのは危険であると言えます。そのためFXの取引を始めてから毎月コンスタントの利益を出せるようになるまでは小さい単位で練習をするつもりで取引をするのがいいと言えます。



sdf999