FX 勝つ秘訣 止めるタイミングを知る!

海外業者を選ぶ理由

近年の投資取引ブームの中でも、特に初めて投資を行う人達に人気なものの一つにバイナリーオプションが挙げられます。

バイナリーオプションは、通貨を売買して利益を求めていくFX取引とは違い、シンプルでわかりやすい取引ルールや、ランチ代程度の少ない資金からでも投資が行え、スマートフォンなどからでも場所を選ばずに取引きができる、ということから投資するのが初めてという人や、初心者の投資家を中心にして人気を集めており、また、中級、上級の投資家にももちろん好評を博している投資取引になっています。

バイナリーオプションを行うためには、この金融商品を取り扱っている取引業者と契約をする必要があるのですが、バイナリーオプションを取り扱う業者は、国内はもちろん、海外にもたくさんあります。

たくさんある業者の中から、自分にあった取引業者を選んで契約するのは難しいことだとは思いますが、良い業者ほど多くの投資家が参加しているものであるということは間違いがないと思いますので、人気ランキングなどを参考にしてみるのも良いでしょう。

海外のバイナリーオプションに人気がある理由は、やはりその自由度の高さになるでしょう。
日本国内のバイナリーオプションは、2008年の金融庁からの通達により規制が布かれたため、ローリスクローリターンで初心者の投資家に優しい導入になる投資取引になりました。
これに対し、海外のバイナリーオプションは、規制前の自由で戦略的なスタイルを残しているのです。

用意されている取引ルールは日本でもよく見られる「ハイ&ローオプション」の他にも「ワンタッチオプション」と「レンジオプション」などを中心に沢山の取引きルールが用いられています。

ハイ&ローは、あらかじめ決められた数値よりも、相場のレートが上になるか下になるかを予測するものになり、シンプルな取引ルールです。
ワンタッチは、相場のレートが決められた数値に一回でも触れるかどうかを予測し、レンジは、決められた価格の幅内にレートがとどまり続けられるかを予測します。
このように、豊富な取引ルールが用意されているため、相場の状態によって、様々な取引ルールを使い分けることができます。

また、投資の判定の満期期間にもいろいろな設定が用意され、1分、2分、5分と様々な設定があります。
こうした短い判定時間の取引ルールを用いれば、短期間で大きな利益を上げることが可能となるため、国内ではローリターンをされているバイナリーオプションであっても、海外ではしっかりとした利益を望める投資になるのです。

投資が成功した際の配当金には、ペイアウト倍率制が用いられており、取引ルールの判定の易しさ、難しさによってその倍率も大きく変わってきます。

多くの場合は、簡単に達成できるルールではペイアウト倍率は低く、達成が難しい、または予測が難しいルールには大きなペイアウト倍率が用意されています。
これにより、安定した取引きで少ない利益を積み上げていくか、一回で大きな利益を取りに行くのか、という選択も行えるのです。

このように、海外の取引業者が扱うバイナリーオプションは、日本国内のものとは別物と言っていいぐらいの違いがあります。
現在の海外の取引業者は、日本の顧客を獲得するために、日本語のサポートや入手金の管理などもしっかりとしていますので、バイナリーオプションをするのなら、海外の取引業者も視野に入れてみるのが良いでしょう。



小さい単位で練習

  • FXの取引をしようとしている人の大半はたくさんのお金を儲けたいという思いを持っています。そのため実際にFXの取引をするときもハイリターンを狙って大きい単位で取引をしてしまうことが多いです。

    しかしある程度FXの取引で安定して利益を出せるようにならないと大きな単位で取引をするのは危険であると言えます。そのためFXの取引を始めてから毎月コンスタントの利益を出せるようになるまでは小さい単位で練習をするつもりで取引をするのがいいと言えます。



sdf999