FX 勝つ秘訣 止めるタイミングを知る!

お金は常に利潤の高いほうへと移動する

fs22889 金利の高い方へと資金が移動することは周知の性質であり、金利の上下が為替相場に大きな影響を与えます。

一例を上げると2005年の1月から2007年6月の間の為替相場はまさに金利によって動かされたものだと言えます。このあいだにドル円は101円から124円まで急激な円安になりましたが、これは当時日本の短期金利が0%に近い数字であったことが主な原因です。日本は超低金利である一方、アメリカやその他の国々の金利はそれよりはるかに高い数字だったのです。

この金利差を利用して利益を上げようという人たちが当然のようにたくさん現れました。円でお金を借りて他の国で運用すれば、金利差がそのまま利益になります。日本の投資家を中心に、外貨預金や外貨建ての金融商品が大人気となったわけです。

このように金利の高い通貨に資金が集まるというのは外国為替市場の基本的な性質です。日本の金利が1%であり、米国金利が3%であれば、円でドルを買って運用することで金利差の2%が利益になる計算です。

よりリスクをとって資金運用を行っているヘッジファンドもこれに目をつけ大規模な運用を行いました。円でお金を借り、米国だけでなくさまざまな国への投資を行ったのです。

米国よりも金利の高い豪州やニュージーランド、南アフリカなどに投資を行えば、金利差はさらに拡大するため、米国に投資するよりもさらに利益は膨らみます。例えば豪州の金利は5%程度でしたから、米国に比べて金利差は2倍であり、利益も2倍になったのです。この手順で彼らは莫大な利益を手にしたと言われています。

ただし、利益がそのまま得られるための前提がひとつあります。それは為替レートが動かないということです。こんなことはありえないため、為替レートの変動というリスクを上回るリターンを金利差によって得られるかという点が焦点となります。ヘッジファンドなどはこの点を緻密に計算し、リスクヘッジを行っているのです。

金利が上がり過ぎると逆に資金は逃げる

金利が高い方に資金は集まるということを説明してきましたが、それにも限度というものがあります。

まだ記憶に新しい欧州危機では金利が大きく上昇しました。本来なら資金が集まり好況に湧くはずですが、現実にはユーロは売り浴びせられ大暴落しました。その理由は、金利が高いということはそれだけリスクが高いということもまた、意味するからです。リスクとリターンは比例するのが世の常ですが、金利においても同様の性質があり、高すぎる金利は信用低下の現れでもあるのです。日本も現在は超低金利が続いていますが、さらに財政問題が悪化すると金利は大幅に上昇することになるでしょう。これは悪い方の高金利とも言えます。

このような状態で円を買おうという人はいません。いくら金利が高くてもそれを上回る勢いで円の価値が下落してしまうからです。その結果、さらに円は売られることになります。このように過剰な高金利は、通貨の下落要因になってしまうのです。

代表的なその国の金融商品の長期金利に金利水準は現れます。日本でいえば10年償還の長期国債、米国も同様に10年ものの長期国債が金利水準の目安になっています。このふたつの金利を比較することで両国の金利差がわかります。同時に資金が移動する方向も知ることができるのです。

ただし、現状では米国も日本もゼロ金利状態です。金利差がないのでドル円の取引の参考資料にはなりません。将来的に米国が利上げを行えば、また資金の流れにも影響を与え始める可能性があります。



小さい単位で練習

  • FXの取引をしようとしている人の大半はたくさんのお金を儲けたいという思いを持っています。そのため実際にFXの取引をするときもハイリターンを狙って大きい単位で取引をしてしまうことが多いです。

    しかしある程度FXの取引で安定して利益を出せるようにならないと大きな単位で取引をするのは危険であると言えます。そのためFXの取引を始めてから毎月コンスタントの利益を出せるようになるまでは小さい単位で練習をするつもりで取引をするのがいいと言えます。



sdf999