FX 勝つ秘訣 止めるタイミングを知る!

為替レートはどうして変わるのか

fs88shg9為替レートは、2つの国の「経済力」の関係によって変化するものです。

例えば円ドルで考えると、米国と日本の経済力の関係です。日本の経済力がアメリカの経済力より強いと判断されれば円が買われドルが売られるので円高、ドル安になります。

この経済力がどのようにして判断されているかというと、それは「経済指標」を見て判断されています。経済指標とは、金利、景気、雇用、物価、貿易などの動向を表すもので、経済がどのような状況で、どのような動きをしているか把握することができます。人間で例えるなら血圧や血糖値みたいなものです。

このような経済指標をみて、その国がどのくらいの経済力があり、またどのような状況なのかを判断して、マーケットの流れが出来上がっているのです。なので、常に経済とは動いており、力関係も変化します。それに合わせて為替レートも変化しています。

そのために、重要な経済指標が発表される時には、流れが変わりやすくなります。事前に予想済みであることもあれば、予想外の結果で市場の流れが急に変わったりすることもあるからです。

市場で注目される経済統計は何か?

市場で注目される経済統計が異なれば、経済のセオリーとは異なった動きをすることがあります。それはなぜ起こるのでしょう。

例えば、貿易黒字が多いのにずっと円安傾向が続く場合です。本来なら貿易黒字であれば、貿易の決済のために円が買われていくため、円高ドル安になっていくはずです。しかしながら、実際は円安傾向が続いている時はどのようなことが原因なのか考えていきます。

この時、アメリカの金利が高くて日本の金利が安かったとします。すると、市場では日本で調達した資金をアメリカで投資するような動きが出てきます。すると円を売りドルを買う傾向が強まるので、円安傾向になります。この日米金利差が市場で注目されており、実際の貿易収支よりも規模が大きくなるとこのような現象が起こるのです。

実際にリーマンショック前の日本はこのような動きをしていました。日本がゼロ金利の時にアメリカは高金利であったため、日本から大量の資金が海外マーケットに供給されていたのです。

このように、一つの経済指標を見ているだけでは、分からないことも多いです。なので、市場関係者がどのような指標を重視して取引しているか把握しておかねばなりません。



小さい単位で練習

  • FXの取引をしようとしている人の大半はたくさんのお金を儲けたいという思いを持っています。そのため実際にFXの取引をするときもハイリターンを狙って大きい単位で取引をしてしまうことが多いです。

    しかしある程度FXの取引で安定して利益を出せるようにならないと大きな単位で取引をするのは危険であると言えます。そのためFXの取引を始めてから毎月コンスタントの利益を出せるようになるまでは小さい単位で練習をするつもりで取引をするのがいいと言えます。



sdf999