FX 勝つ秘訣 止めるタイミングを知る!

FXで行うべきリスク管理

FX取引きは、「FX(エフエックス)/margin Foreign eXchange trading」を利用した投資取引の事で、日本語では外国為替証拠金取引と呼ばれています。
外国為替市場の為替相場を利用し、世界中の国や地域から発行されている通貨を売買しながら、利益を求めていくものになります。

このFX取引を行うためには、FXを扱っている取引業者と契約を結ぶ必要があります。その後に、投資資金や証拠金を預け入れたり、FXで上げた利益を払い出してもらうための、取引専用口座を開設をしなくてはなりません。

少ない資金で取引きができる、24時間いつでも制限なく投資が行える、という事から、これ場で投資取引に参加できなかった人たちを中心に人気を博しています。

多くの人たちが投資家として参加し、賑わいを見せているFXですが、もちろん投資であるために、それなりのリスクが発生することもあり、例えば、為替相場を利用して利益を上げているために、その相場変動によるリスクは避けることができません。

FXでは、新規の売買注文を行って通貨を保持し、そのあいだの為替レートの変動によって保持している通貨に利益を含ませます。
その後、この利益を含んだ通貨を決済して解消することにより、手元に利益が残る仕組みになっています。

こうした仕組みで利益を得ているため、この為替レートが思惑と違う方向に変動してしまい、通貨に含み損が出てしまった場合には、損失を被る可能性があるため、利益を求めるためにはリスクが起こる可能性を考慮しなくてはならないのです。

また、為替相場の値動きは極めて小さく、取引きに足る利益を出すためには、大きな量の通貨を取り扱わなくてはなりません。
これをより行いやすくするために、FXではレバレッジという仕組みが用意されているのですが、これも使い方を間違うとリスクを大きくしてしまう要因になります。

取引業者に預けている証拠金を担保にし、実際に取引きを行う金額よりも、何十倍、何百倍という大きな数量の通貨を取引きできるようにするのがレバレッジの仕組みになります。

例えば1ドル100円の為替相場があった場合、1万円の取引きでは100ドルしか手に入らず、仮に1ドル101円に変動したとしても、1円の利益しか上げることができません。
しかし、この1万円に100倍のレバレッジを使用すれば、1万ドルの取引きが行えるために、同じように1ドル101円の変動でも、1万円の利益が得られることになるのです。
これは実は、FX取引が少ない資金で行えるという仕組みにもなっていて、このレバレッジを使えば、小さな為替相場の変動でも、少ない投資資金でも、確実な利益を出すことができるようになるのです。

しかしながら、扱う通貨量が増えるため、先に出てきた相場変動のリスクをより大きく受けることになり、レバレッジを使わないい万円の取引きで、1ドル100円の相場が1ドル98円になったとしても、わずか2円の利益で済むところを、100倍のレバレッジを使った取引きでは、同じ変動で2万円の損失が出ることになり、資産を失った上にさらに1万円の借金ができてしまう事になるのです。

こうしたことから、FXでの取引きでは為替相場の動きをしっかりと捉えることが必要であり、また、レバレッジを使用する場合は、含み損の大きさを常に考えて、自分の損失が大きくなりすぎるようなら、すぐに決済をして小さな損失で取引きを終了させる「損切り」を行わなくてはなりません。

またこの他にも、取引業者を介さなくてはFXを行えないという性質上、取企業者のもつ能力も時にリスクになることがあります。

FXでは、常に変動する為替相場に注文を入れていくため、相場の変動の大きさや注文の殺到具合により、投資家が思ったところとは違う価格で注文が約定するスリッページという現象が起こることがあります。

これは、為替相場の状況にもよりますが、取引業者の持つコンピューターサーバーの能力によって発生の度合いが変わることもあり、高いスペックを誇り約定力の業者を選ぶことが必要になってきます。

また、取引業者自体の経営もリスクの一つで、専用の取引口座を開設し、投資資金などを預けているために、万が一、経営破たんなどが起こった場合は、資金が帰ってこなくなる可能性もあります。

こうしたことを防ぐためには、こうした顧客である投資家の資金と、取引業者の会社運営資金を分けて保存し、できれば顧客の資金を信託銀行に預けて第三者がこれを管理する、信託保全を行っている取引業者をえらぶことがよいでしょう。

このように、FXでは取引きを行う前に必ず理解しておくべきリスクがいくつかありますので、しっかりと確認をしてから投資を行っていく事をお勧めします。



小さい単位で練習

  • FXの取引をしようとしている人の大半はたくさんのお金を儲けたいという思いを持っています。そのため実際にFXの取引をするときもハイリターンを狙って大きい単位で取引をしてしまうことが多いです。

    しかしある程度FXの取引で安定して利益を出せるようにならないと大きな単位で取引をするのは危険であると言えます。そのためFXの取引を始めてから毎月コンスタントの利益を出せるようになるまでは小さい単位で練習をするつもりで取引をするのがいいと言えます。



sdf999